アクセスを呼びこむキーワードを探そう!関連・連想でタイトル作り

この記事は2分で読めます

あなたのサイトにアクセスを集めるためにはキーワード選びが大変重要となります。

私がサイトアフィリを今までやってきた実感としても、キーワードしだいでアクセスが集まるかどうかが決まると言ってもいいぐらいですね。

今回は関連キーワード連想キーワードといったキーワードの種類や選び方について解説していきます。

タイトルを構成するキーワードについてしっかりと理解していきましょう。

【今回の動画はこちら!】

 

アクセスが集まるキーワードをチョイス!関連&連想の違い

記事タイトルを作る際、そのベースとなるのがキーワードです。

リサーチをおこないメインキーワードと呼ばれる調べていく対象のキーワードを選んだら、次におこなうのがメインキーワードと一緒に検索される関連キーワードや連想キーワードのチョイスです。

 

まず、関連キーワードについてですがこちらはGoogleやYahoo!など検索エンジンで検索窓にメインキーワードとスペースを入れた際に検索候補として表示されるキーワードのことです。

これらの関連キーワードというのは多くの人がこれまでに検索してきたキーワードとなっています。

また、検索結果の下の方に表示されるキーワードもそうですね。

これらを用いてタイトルを作ることがまず第一歩となります。

ただ、メインキーワードがけっこうマイナーでまだ関連キーワードがほとんどないといった場合や、
逆に有名過ぎて多くのライバルが関連キーワードですでに上位表示をしているという場合もあります。

そんな時に使うのが連想キーワードです。

これは、メインキーワードから「こんなキーワードも検索されるのではないか」と予想を立てながら入れるキーワードとなります。

 

では、メインキーワードがマイナーな場合と有名過ぎる場合の二つを想定して考えてみましょう。

 

【マイナーな男性芸能人の場合】

関連キーワードにプロフィール、本名、年齢といった基本的なキーワードしかない場合、他の男性芸能人でも多く検索されるであろうキーワードを考えることができます。

出身中学・高校、家族、兄弟、実家といったより詳しいプロフィールについても検索されることが予想されますし、熱愛、彼女、結婚といった恋愛や結婚関係はやはり多くの人が気になるところですね。

 

【有名過ぎる男性芸能人の場合】

先ほどマイナーな場合であげたキーワードについてはすでに多くの人が検索して関連キーワードになっている場合が多いです。

なので、今後出演予定のテレビ番組のタイトルをキーワードにしたり、ネット上の掲示板や雑誌など多くの人はまだ知らないけれど詳しい人の間では話題になっていることを調べてキーワードにするという方法があります。

そうした裏情報というのはやがてテレビなどで紹介されたりして広まる場合があるので、あらかじめ書いておけばあなたのサイトに爆発的にアクセスが集まるというわけです。

 

ただ、紹介されなければずっと裏情報のままということも考えられるので関連キーワードを盛り込みながら、そうした未来予測的な要素や裏情報もバランスよく入れるといいですね。

あなたなりのベストチョイスができるように実践しながら感覚をつかんでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グーグルアドセンス1次審査
  2. トレンドアフィリエイト事件事故ネタ
  3. 記事タイトル
  4. 季節記事
  5. トレンドアフィリエイト基本攻略まとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1