Googleトレンドでアクセスを予測!グラフの推移で稼げるネタを探そう

この記事は2分で読めます

Googleトレンド

あるキーワードについて書く時、メインのキーワードについてアクセスが来そうかリサーチする必用があります。

以前にものすごく流行していたけれど、すでにピークを過ぎていたりするとアクセスがめっきり来ないことも。

そんな流行の度数をはかるのがその名もGoogleトレンド

流行具合をしっかり押さえて時代の波に乗り遅れないようにしていきましょう。

【今回の動画はこちら!】

 

Googleトレンドで事前リサーチ!稼げるネタの見極め方は?

キーワードプランナーと並んでリサーチに使えるツールにGoogleトレンドというものがあります。

キーワードプランナーの解説はこちら!
キーワードプランナーの使い方!検索ボリュームが多いネタを見つけるには?

 

キーワードプランナーはそのキーワードがどれぐらい検索されているかということを調べるのに対し、Googleトレンドはそのキーワード自体の各月の注目度の推移を調べるのに特化しています。

では、実際に画面を見ながら解説していきますね。

まずGoogleトレンドのサイトを開きましょう。

Googleトレンドはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓
Googleトレンド

 

Googleトレンド画面上の方に検索窓があるので、そこへ調べたいキーワードを入れていきましょう。

そして、今回は政治資金スキャンダルで話題になった元東京都知事・舛添要一さんの名前を入れて検索してみます。

Googleトレンド

すると、各月の折れ線グラフが表示されるのですが2016年5月の時点から急速にグラフが上がっているのがわかると思います。

2014年2月の時点で舛添さんが都知事に当選したため一度グラフが上昇していますが、この時でも度数が30だったのに対し2016年5月には80以上にまで急上昇しました。

これはご存知のとおり政治資金スキャンダルで注目を集め一気に舛添さんのことについて検索する人が増えたからです。

そして、6月には都知事を辞任することになったため、世間の関心は新たな都知事選へと向かい7月にはグラフが大幅に下がっています。

調べた時点ですでにグラフの数値が低かったり、以前は高かったのに下落しているようであればすぐにアクセスが来る見込みは少ないといった形で予測を立てることができます。

キーワードプランナーは検索ボリューム数から他のキーワードとの比較になりますが、Googleトレンドはあくまでもそのキーワード自体の中での推移なので使い分けながらリサーチにいかしていきましょう。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 画像加工
  2. bitly 短縮
  3. 計画7つの習慣手帳
  4. Googleアラート
  5. Googleアナリティクス活用法
  6. グーグルアナリティクス サムネイル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

アーカイブ

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1