売れるために必要なQUESTの法則(公式)とは?型を学んで説得力のある文章を

この記事は2分で読めます

買わせる文章

あなたの商品なりサービスを買ってもらうには説得力のある文章で訴えかけることが必要です。

そのために書く練習は欠かせませんが、全て自分のオリジナルで作っていかなければならないというわけではありません。

売れるための文章にはある程度「型」のようなものがあり、それに沿ってあなたなりの文章を作成していけば自然と成果を出すことができます。

【今回の動画はこちら!】

購入行動に至る文章とは?

購入行動に至る文章には、買いたくなる心理をおさえ、その要素が入っていることが重要です。

そして、今回紹介する法則はゼロから考えなくてもある程度型が決まっておあり、型を元にターゲットとなる人へ向けた文章を作成することが大切ですね。

それが、今回紹介するQUESTの法則(QUESTの公式/QUESTフォーミュラ)と呼ばれるものになります。

QUESTの法則とは?

QUESTの法則は以下の5つの要素によって成り立っています。

•Qualify(資格がある)

•Understand(共感する)

•Educate(教育する)

•Stimilate(刺激する)

•Transition(行動させる)

では一つ一つ説明していきますね。

●Qualify(資格がある)

自分がターゲットとしているのはどんな人なのかを決め、その人たちに向けたメッセージを考えることが大切です。

そして、自分にはその人たちがかかえている「悩みの解決ができる資格がある」ことを宣言しアピールしましょう。

●Understand(共感する)

ターゲットとしている人のように自分も同じ悩みを持っていたので、その気持ちがわかることを伝えましょう。

エピソードや体験談を使って物語形式にすると共感されやすくなり、より伝わりやすいですね。

物語形式でのライティングのポイントはこちら!
心に響く物語の法則とは?購買意欲を刺激するポイントを解説

●Educate(教育する)

あなたの商品をあらゆる角度からアピールしましょう。

ブレッド(箇条書き)でおすすめのポイントを伝えたり、体験者や権威ある人からの推薦の声を載せるのも有効です。

●Stimilate(刺激する)

Educate(教育)の段階で興味は持っている状態なのでその気持ちを後押ししましょう。

購入することによって どんな未来が待っているかを示すことがポイントです。

さらに、ターゲットの本能を刺激し買わずにはいられない気持ちにさせ、限定感で希少価値を出したり、特典で付加価値を出すのも効果的です。

●Transition(行動させる)

購入する気持ちはほぼ固まっているのでそれを後押ししましょう。

どうすれば購入できるのかがわかるように購入リンクを設置し目立たせたり、購入に向かっているので購入リンク以外は置かないことも大事です。

それぞれの段階でどんな方法が有効なのかを把握しながら進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 見出し
  2. 机の上はシンプル
  3. 神話の法則
  4. 5つのなぜ
  5. 速読
  6. 物語の法則
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1