コピーライティングで4つのNOTを越えよう!解決方法のポイントを伝授

この記事は2分で読めます

4つのNOT

コピーライティングにおいて、「4つのNOT」という心理的な壁を表す言葉があります。

これは人間が誰しも持っているもので、この壁を乗り越えない限りあなたのセールスが成功することはありません。

今回はどのようにして、4つのNOTという心理的な壁を乗り越えていくのかという方法について解説していきたいと思います。

【今回の動画はこちら!】

乗り越えるべき4つのNOTとは?

4つのNOTとは人がセールスを受ける際、購入に至るまでの4つの心理的な壁のことを指します。

簡単に言うと以下のような意味ですね。

•NOT OPEN→開かない・気づかない・届いていない

•NOT READ→読まない

•NOT BELIEVE→内容を信じない

•NOT ACT→行動しない

では、それぞれの内容について一つずつ詳しく見ていくことにしましょう。

●NOT OPEN対策

まずこの部分を乗り越えなければ一歩も先に進めない段階ですね。

SEO対策でサイトを見つけてもらいやすくしたり、魅力的なタイトルで引きつけるといった対策が必要です。

また、優良メルマガスタンドに登録するなど到達率対策に力を入れましょう。

●NOT READ対策

4つの中でも最も難関なところです。

読まれないことには意味がありませんから、改行や段落分けをおこない読みやすさを意識したり、専門用語を使い過ぎず、主語と述語の関係など意味がわかるように注意するなど「読まれない」という事態を防いでいきましょう。

それと同じく読んでいて面白い、興味を引く内容を心がけるといったことも大切です。

●NOT BELIEVE対策

読んでも信じてもらえないことには人は行動できないものです。

信じてもらうためには物語性を取り入れたり、REASON WHYで理由づけをするなどコピーライティングのテクニックを使っていきましょう。

物語性の取り入れ方や理由づけについてはこちらをどうぞ!
心に響く物語の法則とは?購買意欲を刺激するポイントを解説
Reason-whyでコピーライティング!顧客の悩みを解決し喜んで購入してもらう方法

●NOT ACT対策

最後の段階ですが、人は面倒だと感じたりわかりにくく感じると行動する気が起こらなくなります。

そのため、わかりやすい説明で念押しをしたり、行動後のメリットを伝えるようにして行動を促しましょう。

4つのNOTを越えるために

購入までにはこれら4つ全てを意識し越えることによってNOの壁を突破することができます。

メルマガの場合は特にNOT OPEN 、NOT READを意識していくようにしましょう。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コピーライティング
  2. 見出し
  3. 買わせる文章
  4. 集中力
  5. WEBライティング
  6. パクリジナル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

アーカイブ

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1