WEBライティングって何?ネット上の良い文と悪い文についても解説

この記事は2分で読めます

WEBライティング

ネットビジネスをしていく上で文章を書くことというのは欠かせません。

たとえ、サイトでなくYouTubeなどの動画であれ何かメッセージを伝えるにはライティング(文章を書く技術)というのが関係してくるからですね。

ライティングというと単に文章を書けばいいと思われがちですが、WEBライティングの場合は単に書けばいいというものではありません。

通常の文章との違いとは何かということを把握したうえで進めていきましょう。

【今回の動画はこちら!】

 

WEBライティングって何?学ぶ必要性を解説

WEBライティングは「WEB」と「ライティング」を組み合わせた言葉です。

そして、通常のライティングとの違いは何かというと相手に読んでもらえるのを前提としているライティングと違いWEBライティングはまず読んでもらえること自体が必要となります。

たとえば、学校で読書感想文を書いた時のことを思い出してみましょう。

感想文は先生がチェックするということが前提となっているため、どうしたら先生に読んでもらえるかなどは考えなくてよかったわけです。

しかし、ネット上での文章というのはあなたの文章をまず読んでくれるかどうかはわかりません。

さらに読み始めて途中で離脱されるという可能性もあります。

ここでWEB上におけるライティングの力というのが問われるわけです。

また、印刷されたものを読むのと違ってネット上にあるため全体を見るのが難しかったり、長時間読んでいると目が疲れてくるという問題もあります。

 

WEBライティングの問題を解決するには?ネット上の良い文と悪い文

では、そうしたWEBライティングの問題を解決するにはどうしたらよいのでしょうか?

WEBライティングの良い例と悪い例を使って実際に見ていきましょう。

※文字の大きさは表示上、上と下であらかじめ異なっています

【悪い例】

WEBライティング 悪文

【良い例】

WEBライティング 良文

上の方の文が読みづらいのは何が原因でしょうか?

それは改行がなく、ほとんどが感じでしかも専門用語の解説もない状態になっています。

それに対し、下の方の文章というのは改行ですっきりさせ、漢字とひらがなの使い分けなど読み手にとって非常に読みやすい内容となっています。

見出しをつけて文章を区切るのも効果的です。

同じ内容をのことを書いている文章でもこれだけの違いがあるわけですね。

なので、読み手のことを意識したライティングというのを心がけていきましょう。

 

また、多くのサイトの中からあなたの文章が読まれるようにするためには記事のタイトルのつけ方やキーワードの選び方というのが大切になってきます。

似たようなタイトルが並んでいる中にパッと目を引くものがあれば検索結果の一番上に表示されているものより読まれる可能性が高くなることもあるわけです。

そして、検索結果に表示されやすくするためには検索されやすいキーワードをタイトルに盛り込んでいくことが重要です。

読み手にとって読まれやすい文章を作成することを意識していきましょう。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 神話の法則
  2. コピーライティング
  3. 買わせる文章
  4. デッサン&読書術
  5. 机の上はシンプル
  6. 5つのなぜ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

アーカイブ

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1