AKB総選挙を企業戦略で考えてみた!須藤凛々花の結婚発表はマンネリ打破?

この記事は3分で読めます

須藤凜々花結婚発表

ここ数年毎年恒例となっているAKB総選挙が2017年もおこなわれました。

毎年開票結果はもちろん色々なサプライズがおこることで注目されるイベントですが今年は開票と一緒におこなわるライブコンサートが直前に中止となったり、メンバーの一人である須藤凛々花さんが当日にステージで結婚発表するなど例年とは違った意味で世間の注目を集めることとなりました。

一部では炎上商法といった声も出ているようですが、これもプロデューサーである秋元康さんの戦略の一つなのか!?

事実はまだ明らかになっていない部分も多いですがあくまでビジネス的視点での考察ということで触れてみたいと思います。

AKB総選挙2017で須藤凛々花が結婚発表!ライブ中止の発表も

今回のAKB総選挙2017ですが、まず衝撃的だったのが沖縄のビーチでおこなわれることになっていた開票の中継と例年その場でおこなわれるライブコンサートが中止になったこと。

これについては沖縄での開催が決まった時から心配する声も多かったようです。

 

沖縄でというのもある意味サプライズでしたが、この時期というのは台風も出始めたりして気候については必ずしも良い天候になるとは限らないことも言われていました。

ビジネス的に言えばけっこうリスクのある状態で望んでいたわけです。

「ハインリッヒの法則」というリスク回避に関する法則がありますが、過去に大雨の中総選挙がおこなわれた年もありそれをふまえればあえて悪天候の可能性もある沖縄のビーチでの開催もある程度予測できたはずですよね。

ハインリッヒの法則の説明はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓
ハインリッヒの法則で危険を察知!想定外の状況への対策とは?

 

しかし、それでも直前まで特に変更無しで臨んだのはそれだけAKBの総選挙に対する世間の注目の高さはある程度変わらないという自信が運営側にあってのことだったでしょうし仮に悪天候のことまで考慮していなかったとしても今回の中止は良くも悪くも注目を集める結果となりました。

もちろん、沖縄にすでに到着していたファンや沖縄行きの計画を立てていた方からすれば本当に被害をこうむったことには違いないですし運営側もそれに対するお詫びや補償といった点で大きな損失であることには変わりありません。

 

また、当日発表された須藤凛々花さんの結婚発表も運営側は把握していたうえでステージに送り出した形であるわけですからこれに対しても非難を受けることは想定の範囲のことでしょう。

それなのになぜこのような大きなリスクを今回二つも抱えたままにしておいたのか?

 

須藤凛々花の結婚発表はAKB総選挙のマンネリ打破戦略?

今回の総選挙では会場中継が中止となったため無観客状態の中、須藤凛々花さんの結婚が発表されたことは結果的にはその場での大きな混乱を呼ぶことなくそのまま開票の発表が進みました。

ネット上でもかなりショックを受けた人が多かったようですが、これがもし会場で直接発表を聞いていたとしたらもっとショックは大きかったでしょうし、大惨事にはならなくともちょっとした暴動が発生していたかもしれません。

沖縄のビーチでの開催中止はこのためだったという声もあり、もちろんこれも定かではありませんが何となく理由づけができてしまうのも不思議なところです。

 

私は当日バンドメンバーと河川敷で遊んでいて(笑)総選挙はリサーチの意味で時々ネットをチェックしていたのですが、テレビにがっつりかじりついて見るような私でなくともこの一連のニュースは家に帰るまで常に気になってネットの情報を追いかけていました。

つまり、今回の一連の流れというのは普段それほどAKBの総選挙を気にしていない人でもネットのニュースなどを通じて思わずどうなるのか気にさせてしまう効果があったとも言えます。

 

今年のAKB総選挙は指原莉乃さんが恐らく史上初の1位三連覇を達成するであろうことが言われていて事実その通りとなりました。

渡辺麻友さんの卒業というのもある程度そうなるだろうなということが予想されていました。

 

なので、今年の総選挙というのは結果についてはある程度マンネリ化してきた部分がありだいたいこんな感じで今年も終わるんだろうなという前提認識のようなものがあったわけです。

そこへ開票中継やコンサートの直前の中止発表、そしてメンバーの結婚発表という当初予想していなかった前提が覆されると頭の中で混乱が生じます。

この混乱が生じることによって人というのは「一体どういうことなんだ!?」と否が応でも気になってしまうわけなんですね。

 

恋愛のテクニックの一つで、気になる相手を落とすにはその気があるかのようなそぶりを見せつつ一歩引いた態度を見せながら相手を混乱させるということが言われたりしますが、今回私たちは直接その会場にいたわけでもないのにテレビやネットといったメディアを通してある種の混乱状態に陥っていたと言えるかもしれません。

 

秋元康さんはこれまでにも様々な戦略で私たちを驚かせてくれましたが、今回の一連の流れが炎上商法なのか戦略の一種かどうかの真意は別にしてまたしても「うまいな」と思わず感じました。

 

ビジネスには段階があり、ある程度成果が出てピークの状態になるとそこから徐々に停滞、あるいは下降をたどるといったことも決して珍しくはありません。

常に新たに何かを作り出したり進化していこうという姿勢がないといけませんし、そのためにはこれまでの常識や流れをいったん壊すといった場面も出てくることがあります。

 

今年の総選挙のできごとは決してファンの方の期待をいい意味で裏切ったとは言えないかもしれませんが、ビジネス的に見ればそれまでの流れを大きく壊し新たな方向へ向うきっかけとなっていくのかもしれませんね。

改めて今回の総選挙のポスターを見てみると「さあ、革命の時間だ。」の文字が…

AKB総選挙2017 ポスター

来年の総選挙やAKBグループ自体がどうなっていくのかまだまだわかりませんが、少なくとも今後のAKBグループが気になるきっかけとなったのは確かなようです。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. けものフレンズ
  2. 24時間テレビゴッドタン
  3. キリスト教マーケティング
  4. 松山千春 神対応
  5. 小林麻央市川海老蔵ブログ
  6. 岡崎体育YouTuber
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1