bitlyでURLを短縮!クリック数をチェックする簡単な方法も

この記事は2分で読めます

bitly 短縮

サイトのURLを引用する際、URLがとても長くて見栄えがあまりよくないことがあります。

そんな時に長いURLを一気に縮めてくれるbitly(ビットリィ)という便利なツールがあります。

使い方をマスターしてURLがユーザーにとって見やすい形にしていきましょう。

【今回の動画はこちら!】


  

bitlyでURLをコンパクトに縮めてみた

URLが長い例ですが例えば以下のようなものですね。

https://www.amazon.co.jp/%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%AF%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E2%80%95%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%80%81%E7%B4%A2%E5%BC%95%E3%81%A4%E3%81%8D-%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3-%E3%83%92%E3%83%AB/dp/4877710515/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1465696903&sr=8-1&keywords=%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%AF%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B

世界的名著、ナポレオン・ヒル博士の「思考は現実化する」のAmazonのリンクですがそのまま表示すると何が何だかわかりません(笑)

気心が知れた間柄などならそのままの状態でも良いかもしれませんが、あなたのことをよく知らないユーザーが訪れた際、クリックしてもらいたいURLだとしたら怪しさを感じて押すのをためらってしまう可能性もありますよね。

またTwitterのツイートにリンクを貼る際は、URLが長過ぎて入りきらないなんてこともあるでしょう。

 

ということで、ここでbitlyの出番です。

まずは変換したいURLを用意して以下のサイトをクリックしてみましょう。

bitly
https://bitly.com/

 

サイトを開くと入力窓がありますが、ここへ変換したいURLを入力します。

そして、入力窓の右にあるSHORTENのボタンを押しましょう。

「笑点」ではありません(笑)

すると何ということでしょう。

さっきまであんなに長かったURLがあっという間にコンパクトに早変わり!

http://amzn.to/1Ut1yLU

 

短くなったURLをクリックして確認してみると同じ結果が表示されます。

これですっきりと見やすくなりましたね。

また、短縮機能だけでなく動画の方で解説しているように短縮したURLをメルマガに入れた場合などそのURLが どれぐらいクリックされたかを分析することもできます。

URLを引用する機会が多くなると、使うことが多くなるツールなのでbitlyをお気に入りなどに登録していつでも使えるようにしておきましょう。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Gmail
  2. アスメル
  3. 計画7つの習慣手帳
  4. ラプチャー
  5. キーワードプランナー
  6. グーグルアナリティクス サムネイル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1