大川竜弥(ぱくたそ)のビジネス戦略に学ぶ!フリー素材モデルの年収も

この記事は3分で読めます

大川竜弥(ぱくたそ)

大川竜弥(おおかわ たつや)さんという男性モデルをあなたはご存知でしょうか?

名前は聞いたことがなくても写真を見れば「この人か!」と思わず声に出してしまいそうなのがこの方の特徴です。

※この記事の最初の画像も大川さん

 

それもそのはず、一般的なモデルというよりは少し特殊な「フリー素材モデル」として活動されている方なんですね。

「ぱくたそ」という無料で使える画像サイトのモデルをされていて、私のサイトでも画像をよく使用させていただいているのでおわかりになった方も多いかもしれません。

大川さんがそもそもフリー素材モデルを始めたきっかけが非常にビジネス戦略として面白いなと思ったので今回はそうした部分についてお伝えしていきたいと思います。

また、気になるフリー素材モデルの年収といったことにも迫ってみましょう。

大川竜弥(ぱくたそ)のビジネス戦略に学ぶ!

まずは大川竜弥さんのプロフィールをWikipedia風に。

誕生日:1982年2月26日

出身:神奈川県横浜市

身長:173cm

血液型:O型

大川さんはフリー素材モデルの他にも司会業や俳優、執筆活動などマルチタレントのような活動をされているそうで大川さんの画像で有名なものと言えば林修先生の「いつやるの?今でしょ!」のパロディ画像ですね。

大川竜弥(ぱくたそ) フリー素材モデル
この画像を見た方も多いはず

最初この人いったい何の人なんだろう?と思ったのが正直な感想ですが、大川さんがそもそもフリー素材モデルを始めたきっかけは意外な所にあったようです。

 

大川さんはこの仕事を始める前にユニクロの店員やサラリーマン、ライブハウスの店長などをしていたそうで、その関係からプロレスラー、ザ・グレート・サスケさんのマネージャーや、実業家家入一真さんのアシスタントなどを務めた経歴もあります。

 

しかし、ある時交通事故にあいしばらく動けなくなったとのことで、その際何か休んでいる間にできる仕事がないか考えていたところ
「インターネットの世界は細分化されているから、誰もが知っているような有名人にならなくても、ひとつの世界で有名人になれば、なんとか生活できるだけのお金は稼げるかもしれない」

と思い、ぱくたそのモデル募集を見つけこれなら自分にもできるかもと思ったそうです。

 

大川さん自身も語っておられるのですが、フリー素材モデルというのは一般的なモデルのように外見がすごくいいとか特別な才能といった要素がなくてもなれる仕事で色々なところで自分の顔を覚えてもらえさえすればその分野の第一人者となれる所に可能性を感じたとのこと。

ビジネスでも「オンリーワン戦略」といったことがよく言われますが、何かの分野で突出した存在となれば結果はどんどんついてきますから、この大川さんの視点というのは実にビジネス的にも当てはまるところであると思います。

 

ライバルが多い所で戦うと負ける確率が高くなるけれど、需要があってなおかつライバルが少なそうな所で戦えば勝てる可能性があるというのはリアルのビジネスでもそうですが、まさにサイトアフィリなどでも言えることですよね。

たとえば、アドセンスアフィリエイトなんかだと、初めの頃はサイトのパワーが弱いのでキーワードが有名だったり大きすぎるものだと既にライバルが多くて上位表示できないわけですが、
無名の人だったり新発売の商品だったりするとまだそのキーワードについての記事が少ない可能性が高いので上位表示の確率も上がるというわけです。

 

大川さんがインターネットの世界が細分化されているという点に目をつけたのも、ますますネット社会になっていくこれからの時代における仕事というのをしっかりと見すえているように思えます。

ネットの分野というのは芸能人などのように有名でなくてもブロガーやYouTuberと呼ばれる人たちに代表されるように、個人が自由に発信して大きな影響を与えることも充分可能になっていますからね。

 

大川竜弥(ぱくたそ)のフリー素材モデルの年収も

さて、そんなぱくさそモデル大川竜弥さんのフリー素材モデルとしての年収も気になりますね。

一体いくらぐらいなのかというと、撮影によって金額は様々なようですがどうやら基本はそれほど高くはないようです。

 

高額になる場合は企業がPR活動としてフリー素材モデルを起用するコラボ企画の撮影があり、これに参加すると出演料が発生するとのこと。

大川さんの場合既に「日本一インターネットで顔写真が使われている男」と呼ばれるぐらいなので、かなり稼いでいる可能性もありますが。

いずれにせよ、様々な活動をしながらもフリー素材モデルの仕事は生涯を終えるまで続けていきたいと語っておられるので、私もサイトの記事などこれからも色々な場面でお世話になると思います。

大川さんのさらにユニークな表情や仕草が見れるのも楽しみですね。

ということで、今回は大川竜弥さんのフリー素材モデルという活動を通してのビジネス戦略といった点についてご紹介しました。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. WEBデザイン サムネイル
  2. 著作権画像
  3. ユーザビリティ
  4. テンプレート
  5. WEBデザイン全体像
  6. HTMLとCSS
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1