インデックスを高速化!Google XML Sitemapsでサイトマップを送ろう

この記事は1分で読めます

Google XML Sitemaps

ワードプレスでサイトを作ったら、それを検索結果に表示させる必要があります。

時間がある程度経てば自然に表示されるのですが、サイトを作ってからまだ日が浅い場合などはなかなか思うように表示されないことも。

そこで、サイトマップというものを作成しインデックスのスピードを上げる必要があります。

今回紹介するのはそんなサイトマップを自動的に作ってGoogleに通知するためのプラグインです。

サイトマップ送信の際はGoogleサーチコンソールに登録しておく必要があるので、サーチコンソールにまだ登録されていない場合は先に登録しておきましょう。

検索エンジンからアクセスを集めるためには絶対に必要です。

【今回の動画はこちら!】

サイトマップとは?

サイトマップとはサイト内にあるページ(固定ページ・記事など)のデータ情報をまとめたものを指します。

Googleにサイト内の構造を知らせインデックスさせることによって検索結果に表示されます。

また、検索エンジンからのアクセスだけでなく、検索キーワードがあまり入っていないページにもアクセスを呼び込むことが可能ですね。

Google XML Sitemapsとは?

Google XML Sitemapsとはサイトマップを自動生成し送信するためのプラグインで、記事を更新するたびにGoogleへ通知されます。

使うにあたって、Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の準備が必要なのでまだの場合はそちらを先に準備しておきましょう。

サーチコンソールの解説はこちら!
Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)でインデックスを快適に!

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Broken Link Checker
  2. Similar Posts
  3. Table of Contents Plus
  4. Post Plugin Library
  5. 記事投稿
  6. 固定ページ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

アーカイブ

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1