見出し(ヘッドライン)で文章にメリハリを!読まれる・読まれないの違いは?

この記事は2分で読めます

見出し

文章を作成していくうえで、見出しがあるかないかということは非常に重要です。

見出しのない文章というのは

・話の区切りがわかりにくい
・メリハリがなくダラダラとした感じになる
・何について論じているのかつかみにくい

といったように、読みやすい文章とは言えません。

それとは反対に、見出しが使われている文章はたとえ画像や動画がなくても、わりと読みやすかったりします。

ということで、今回は見出しの重要性ということで解説していきますね。

【今回の動画はこちら!】

見出し(ヘッドライン)の意味

見出しとは文章が始まる前につける簡単なタイトルのことを刺します。

ヘッドラインと呼んだりもしますね。

メインのタイトルがあって、さらにその中の文章に色々な場面があるわけですが
そうした区切りごとにおかれるもので何について書いているのかおおまかな内容を表すものです。

文字は本文の文字より大きく表示示されます。

見出し(ヘッドライン)の重要性

まず、見出しのない文章は大変読みづらく「読まれない」ということを知っておく必要があります。

別の動画でも説明していますが、WEB上の文章は本や印刷された紙の文章より視認性が低い
(どこに何が書いてあるのかわかりづらい)という特徴があるので通常の文章以上に見出しは重要というわけですね。

また、WEBライティングでは文章の「節」の区切りに必ず見出しを入れることもおさえておきましょう。

見出し(ヘッドライン)のつけ方

見出しをつける際におさえておきたいのが文章の構成です。

WEB上の文章は





段落

という構成になっています。

まず、第一章、第二章など章の中に文節の節があり、さらにその中に各段落があります。

小説などはこの構成になっているんですが、WEBライティングもこの考えをもとにしています。

WEB上の文章では一つの節が区切りとなるのでその内容を簡単に表すというわけですね。

また、一つの節に一つの意味を持たせたり必用に応じて子見出し(段落)を入れることも大切です。

一つの節に一つの意味を持たせるというのは、たとえば「アフィリエイトとは?その稼ぎ方や将来性について」というタイトルがあったとします。

各場面にわけていくと

・アフィリエイトとは

・アフィリエイトの稼ぎ方

・アフィリエイトの将来性

と三つに分けることができますよね。

これがそれぞれ見出しとなっていくわけです。

さらに小見出しですが、それぞれの節の中でさらに細かい要素がある場合につけていくというイメージですね。

見出しを活用して読まれやすい文章を作成していきましょう。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 型に沿う沿わない
  2. コピーライティング
  3. 机の上はシンプル
  4. 歌うこと書くこと
  5. 速読
  6. 5つのなぜ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1