WP-Copyright-Protectionでコピペを防ごう!導入方法と権限の設定

この記事は1分で読めます

WP Copyright Protection

ワードプレスの初期状態ではサイトの文面はコピー&ペーストができる状態になっています。

しかし、そのままにしておくとあなたが一生懸命書いた文章が誰かにコピーして使われたりといったことも起こる可能性があります。

せっかく書いたものがそのまま使われてしまうのはぜひとも防ぎたいですよね。

そのためのプラグインが今回紹介するWP-Copyright-Protectionです。

自分の資産とも言える記事を守るために必ず設定しておきましょう。

【今回の動画はこちら!】

記事の不正コピーに注意!

あなたの記事がコピーされるとどうなるかというと、すなわちネット上に同じ記事が複数あることになります。

そうなると、もし仮にあなたの記事の方が大元であるにもかかわらずコピーした方だとみなされた場合、著作権の問題やグーグルからのペナルティを受ける可能性もあります。

なので、こうしたコピー行為を防止するためにプラグインを導入する必要があるわけです。

WP-Copyright-Protectionとは?

WP-Copyright-Protectionはコピーができないように簡単に設定することができ、これでやすやすとコピーされる心配もありません。

ただし、そのままの設定だと自分自身がサイト内で同じ文章を活用しようとした際などにコピー機能を使うことができず不便な面も出てきます。

なので、他人はコピーできなくてもあなた自身は自分のサイト内でコピー機能が使えるように管理者の権限を設定する必要があります。

こちらの設定も簡単ですので動画の手順に沿って間違いないように設定しておきましょう。

アフィリソニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Category Order
  2. Post Plugin Library
  3. PubSubHubbub
  4. 独自ドメイン
  5. AdSense Plugin WP QUADS
  6. WordPress Popular Posts
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SYU1のプロフィール

SYU1

大阪生まれ大阪育ちの
ノマドワーカー+ロッカー=ノマドロッカー。

音楽をこよなく愛しパソコン一台で稼ぎながら
自由に暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらをクリック!
  

LINE@始めました





友だち追加



パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力! @syu1